仮性包茎でも度合いによっては治療が必要だ!

仮性包茎にも色々な度合いで違う?

包茎には、真性包茎と仮性包茎があります。日本人は、多くの人が仮性包茎と言われているので、実際にはそんなに気にすることはありませんが、仮性包茎の場合でも色々と度合いによって治療の必要があります。例えば、勃起時などに皮が剥けて亀頭部分が露出する場合でも、皮があまりにも余りすぎていたら余分な皮を切除する必要性が出てきます。性行為の挿入時に皮が邪魔となり巻き込んでしまう可能性があるためです。また、亀頭部分が完全に出ない場合は治療が必要となってきます。

どんな治療方法がある?

仮性包茎で余分な皮の切除する必要があった場合は、一般的にはレーザーメスで余分な皮を切除する方法です。レーザーメスでの切除のため痛みも少なく入院の必要性もありません。一日で退院です。ただし、通院は様子を見て定期的に必要となってきます。どちらかというと術後の痛みよりも亀頭部分が露出したことによる肌着への摩擦の方が痛いです。馴れるまでは、1か月ぐらいかかると言われているので1か月前後は、性行為を控えたほうがいいでしょう。

治療が必要ないからと言って安心はだめ!

仮性包茎で、勃起時や自身で皮を剥くことができるからといって安心してはいけません。なぜかというと、仮性包茎だと普段は皮を被った状態のため、亀頭部分と皮の間に尿が貯まり匂いを発生させます。そのため、病気にもなりやすいので注意が必要です。また、そのまま性行為を行ったりすると病気も移る可能性が出てくるために、常に清潔に保つ必要があります。仮性包茎自体は、一般的なもので女性も思っている以上には気にしていませんので、衛生面だけは気を付けてください。

決して珍しいことではないので、仮性包茎を気にする必要はないです。清潔に保てて剥くことが可能であれば大丈夫です。