外壁塗装は様々な効果!?メリットとデメリットとは?

外壁塗装の必要性とは?

家を建てて間もない時は、家の外観もとても綺麗です。しかし、それも5年、10年経ってくると段々と外観がみすぼらしく感じてしまうことってありますよね。これは、新築時に施された塗装が劣化した結果、外観も悪くなってくる、という場合がほとんどです。外壁の塗装が劣化すると何が問題になってくるのでしょうか?まず代表的な問題として、防水効果が失われてきてしまいます。防水効果がなくなると、次はコケやカビが発生してきます。そうなると、外壁はより傷みやすく、かつ外観はどんどんと悪くなってしまいます。そういったことを防ぐためにも、外壁塗装を行って、劣化を防ぐ必要があります。

外壁塗装のメリットとは?

まずは、家の外観を良くする効果があります。経年劣化してしまった外観を、新築時のように蘇らせることが出来れば生活にもハリが生まれます。更に、防水効果を高めることによって、外壁にコケやカビが発生することを防いだり、自宅の耐久性そのものを上げることも期待できます。また、塗料にも様々な効果が付与されるようになり、断熱や遮熱効果があるものや、光触媒によって外壁のセルフクリーニング効果などを持つ外壁塗装があり、自宅の耐久性を上げるだけでなく、生活を過ごしやすくすることまで期待できるでしょう。

外壁塗装のデメリットとは?

外観は良くなり、家の耐久性も高まり、更に家の中の生活まで過ごしやすくできる、と良いことづくめのようですが、少なからずデメリットもあります。最大のデメリットは、「外壁塗装は定期的に行わないといけなくなる」ということでしょう。いくら耐久性の良い塗料を使っても、どうしても経年劣化は避けられません。ですから、定期的に塗装を行う必要があり、その度にコストがかかってしまいます。しかし、こういった定期的なメンテナンスを行わないと、外壁そのものが傷んできてしまいますので、そうなれば余計にコストがかかってしまいます。外壁塗装の定期的なメンテナンスは、必要経費ととらえるべきなのでしょうね。

外壁塗装の相場を把握するためには、複数業者へ見積依頼を行うことで、相場の把握に役立てることができます。